仮想通貨の歴史。今後はどうなる?

Blog

仮想通貨の歴史。今後はどうなる?

こんにちは!!
つみたてNISA ジュニアNISA 米国ETF
不動産投資COZUCHI ビットコイン
に投資中。

資産形成のためにFP3級を取得

meeです。

今回は
仮想通貨ってどうやってできたの?
「仮想通貨ってそもそも何?」
という疑問についてお話ししたいと思います!

仮想通貨=怖い
仮想通貨=詐欺
仮想通貨=ギャンブル

👆こう思っている方にぜひ読んでいただきたい!

仮想通貨の誕生

1990年代後半

インターネットの普及とともにやってきた

デジタルマネー

オンライン上でお金をやりとりするための「デジタルマネー」と呼ばれる方法が、模索されていました。

しかし、当時のインターネット上では、セキュリティシステムが不十分で、デジタルマネーは広く普及することができませんでした。

ビットコインの登場

ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」という人物によって発表された、分散型のデジタル通貨です。

サトシ・ナカモトってもしかして日本人!?

いまだに、サトシ・ナカモトが誰なのか?もしくは不特定多数のグループなのか誰も知らないんだよ。

ビットコインは、中央銀行や政府みたいな外部の機関に頼らず、ユーザー同士がダイレクトにトレードできる通貨なんです。

つまり、お金のやりとりを銀行を通さず、直接やり取りできるのです。

そんな、直接やりとりって安全面は大丈夫なの??

ビットコインは、分散型台帳技術であるブロックチェーンを利用して、取引履歴を管理します。

ブロックチェーンとは
データの改ざんが困難であることで知られ、高いセキュリティ性を持つ。
ビットコインでは、取引を保護するために利用されている。

ビットコインは2010年代に入り、急速に広まったと言われています。

従来の通貨とは異なる特徴を持つビットコインは、一部の投資家やトレーダーたちにとって、高い投資リターンが期待できるという魅力的な資産として見られるようになったのです。

現在、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨が存在し、仮想通貨の取引や保有が世界中で行われています。

仮想通貨市場の拡大

仮想通貨市場が急速に拡大している要因は何なのでしょうか?

技術の進歩

仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使うことで、取引の透明性やセキュリティが向上しています。

それによって、投資家や企業はもっとビジネスチャンスを見つけやすくなっているのです。

そして、ブロックチェーン技術は金融や不動産などの分野でも使われていて、より効率的な取引を実現されています。

需要の増加

先進的な国や企業がブロックチェーン技術を採用し、仮想通貨の活用方法が広がったことが需要が増加した大きな要因だと言えます。

また、銀行などを通してないので国際送金や取引の迅速化、手数料の削減とメリットが大きいことや、

経済的な不確実性やインフレーションへの懸念から、仮想通貨が「避難所」として採用されることで、需要が増加しました。

新しいプロダクトの登場

仮想通貨市場には、新しいプロダクトやサービスが次々と登場しています。

例えば、NFT(ノンファンジブルトークン)と呼ばれるデジタルアートや音楽の販売プラットフォームが注目を集めています。

また、DeFi(分散型金融)と呼ばれる金融サービスも、仮想通貨市場で急速に成長しています。

仮想通貨の広まりと使い道の増加

現在、世界中の投資家や企業によって注目を集めるようになり、利用法の多様化が進んでいます。

利用法① 投資

仮想通貨の利用法で一番に想像するのは投資(投機)かと思います。

成長性が高いビットコイン

2020年年初のビットコイン価格が1BTC=7,195ドルでしたが、
年末には1BTC=28,990ドルまで上昇しました。

1年で約4倍です。

そして、2021年11月に最高値の1BTC=68,500ドルとなりました。

もしも、2020年に1BTC購入していたとして
(日本円で約93万円 ※1ドル130円とします)

2021年11月に売ることができれば‥

890万円になっていました。

リスクを分散

株式や債券などの投資先とは異なる分野なので、ポートフォリオの分散化することができ、仮想通貨を持つことで、リスクを分散させることができるのです。

投資の注意点

ただし、仮想通貨にはリスクがあります。
価格変動が大きいため、知識なく多額を資産を投資することは絶対にしないでください。

利用法② 決済手段

海外送金や国境を越えた送金において、仮想通貨は高い効率性を持っています。

オンライン決済においても、クレジットカードや銀行振込よりも安全性が高く、手数料が低いことから、仮想通貨を利用するネットショップやECサイトも増えています。

プラットフォームの発展

仮想通貨に関するプラットフォームやサービスが増加し、それによって利用法が多様化しています。

例えば、仮想通貨取引所は、仮想通貨の売買だけでなく、ステーキングやレンディングなど、多様なサービスを提供しています。

先ほども紹介しましたが、NFT(ノンファンジブルトークン)やDeFi(分散型金融)など、新しい分野のサービスが登場しています。

法的な整備

仮想通貨を使いたくない人の理由は、
「仮想通貨の安全面が不安」

という方も少なくないはずです。

今、多くの国で、仮想通貨に関する法的な整備が進んでいます。

企業や個人が仮想通貨を利用することに対する不安が軽減され、利用者が増える傾向にあります。

仮想通貨は、使い道の可能性が注目されてて、今後もますます普及が進むことが期待されていることがわかったね!

仮想通貨に関する問題点と課題

価格の変動が激しい

仮想通貨の価格は、急激に上がったり下がったりすることがあります。

そのため、投資した人が損をすることもあります。また、価格が上がり過ぎると、バブルと呼ばれる状態になってしまうことがあります。

取引所のセキュリティーの問題

仮想通貨を買ったり売ったりするためには、取引所という場所を利用します。

しかし、取引所がハッキングされて、仮想通貨が盗まれることがあります。

そのため、取引所のセキュリティーには十分注意が必要です。

環境負荷

仮想通貨をマイニングするためには、多くのコンピューターが必要となり、多くの電力を消費します。

そのため、地球温暖化などの環境問題につながることがあるという問題があります。

法規制の未整備

仮想通貨は、まだまだ新しい分野であり、法規制が未整備な状況で急いで整備が行われている状況です。

今の段階では不正取引などが行われる可能性があるので、急速な法律の整備が求められています。

今後の仮想通貨の対策は?

1.投資にはリスクがあることを理解し、慎重に行うこと。

2.取引所を利用する場合には、セキュリティーに注意し、安心できる取引所を選ぶこと。

3.仮想通貨を悪用しないよう、ルールを守る。

4.エコなマイニング方法の開発や、再生可能エネルギーの利用など、環境問題に配慮した取り組みが必要です。

まとめ

・仮想通貨は、インターネット上で使うお金のことで、ビットコインという最初の仮想通貨が登場したことで有名になりました。

・ビットコインはブロックチェーンという技術によって取引が記録され、管理されていてます。

・ブロックチェーンとは、分散型台帳技術の一種であり、取引履歴を多数のコンピューターで共有することで、信頼性の高いシステムです。

・仮想通貨は、お金を送ったり受け取ったりするだけでなく、ネットショッピングなどでも利用できます。

・決済方法だけでなく、投資として多くの人が利用していて今後の成長を期待されています。
しかし、仮想通貨にはリスクもあります。
仮想通貨は価格変動が激しく、投資を行うには十分な知識と市場を知る必要があります。
また、詐欺やハッキングなどのトラブルも起こり得るので、情報収集やリスク管理が大切です。

▼▼押してもらえると嬉しいです!▼▼
クリックで同ジャンルのサイトが見れます!

コメント